子どもの感覚を守るために、気をつけたいこと

子どもが自然と触れ合う様子や絵を描く姿勢、五感を刺激する遊び中の笑顔が広がる画像。感覚の発達に重要な瞬間を捉えました。

子どもの成長には、五感を使うことが大切。
触覚、視覚、聴覚など、様々な感覚を育てることが子どもの発達に役立ちますよね。

でも、刺激が強すぎると逆効果になることも。
例えば、大きな音やまばたきする光、目まぐるしく動くものは、子どもの感覚を鈍くさせることがあります。

特にテレビやゲームなどは注意が必要です。
大人にとっては普通でも、子どもにとっては刺激が強すぎる場合が多いんです。

子どもの感覚を育むためには、日常生活の中で色々なものに触れることが大切。
自然の中を歩いたり、葉っぱや石の感触を確かめたり、風や雨を感じたり。
家の中でも、お絵描きや粘土遊びなど、五感を刺激する遊びを取り入れてみましょう。

子どもの感覚を育てるためには、五感を使って適度な刺激を与えることがポイントです。
子どもの感覚を大切に育てて、豊かな感性を育みましょう。