All posts filed under レッスンについて

シュタイナーの天文学

太陽や星の勉強というと、つい頭の中で教科書を広げてしまう。 赤道と太陽…月の満ち欠け…夏の大三角に…オリオン座… どれも大事なこと …

道徳としての算数

シュタイナー教育の計算、なにか変かも? 見慣れた式と違う。○ + ○ = ○じゃない。 もちろん、普通の式もやります。でも最初にす …

土から生まれて、心に留まる

シュタイナー教育には、手仕事という教科があります。 図画工作に似ているけれど、やっぱり違う。手仕事では、命の流れに沿った造形をした …

直線だけで描くフォルメン

シュタイナー教育、低学年レッスン。直線だけで描くクモの巣。 お絵描き? と思いきや、これもれっきとした教科です。フォルメンとかフォ …

人の一日、星の一年

シュタイナー高学年レッスン『天文学』星の動き、惑星の巡行、月の満ち欠け。 誰もが知ってる、学校で習う。でも、シュタイナー教育ではど …

シュタイナー教育『動物学』

馬ってどんな動物?もちろん、見たことはある。鳴き声も知ってる。食べ物だって。 でもどんなふうに語ったら、子どもの心を育てられるだろ …

お話という体験

「キツネ、かわいそう」「オレもこういうことあるなぁ」 子どもたちの表情がハッと変わるのは、シュタイナー2年生レッスン。イソップ寓話 …

2年生と北風と太陽

『北風と太陽』誰でも知ってるイソップ話。 ちょっとした教訓話ですが、シュタイナー教育だと切り口が違います。 『北風と太陽』を、子ど …