少ないおもちゃで、大きな想像力!

少ないおもちゃで大きな想像力を育む子ども。積み木を使った創造的な遊びや笑顔の親子の様子が写った画像。

おもちゃの量って、多いほどいいのでしょうか?
子どもの想像力を伸ばしたいなら、少ない方がオススメです。

おもちゃが少ないと、子どもは1つのおもちゃでいろんな楽しみ方ができるんです。

例えば、積み木をただ積むだけじゃなくて、電話機やお店に見立てて遊ぶこともできます。おもちゃ同士を組み合わせて、新しい遊び方を考え出すこともできるんです。

逆に、おもちゃの数が多すぎると、子どもは1つのおもちゃに集中できなくなってしまうことがあります。
すぐに飽きてしまい、結局は遊ばなくなってしまうことも。

それに、子どもは「もっといろんな遊びがしたい」という思いから、たくさんのおもちゃを欲しがるようになってしまいます。

おもちゃの数を減らすことで、子どもは1つのおもちゃにじっくりと向き合うことができます。
すると、子どもの想像力が豊かになり、自分で考えながら遊ぶことができるようになりますよ。

おもちゃの数を見直して、子どもの想像力を育んであげましょう。
思いがけない遊びの発想が飛び出したりして、親にとっても素敵な思い出になりますよ😊