電波が届かない、その場所で

スマホにテレビにタブレット。
子供の周りに浮かんでる電波をつまんで引っ張ったら、
きっと現代のヤマタノオロチ。
見上げるだけ、誰も倒せない。

スマホやタブレットを使わせて大丈夫だろうか。
インターネットを使わせて大丈夫だろうか。
親自身が翻弄されてる怪物だからこそ、
モヤモヤする。

シュタイナー教育はデジタル機器を否定しない。
慎重に扱う。
インターネットを使ってもスマホを使っても、
大丈夫な人に育てる。

例えばシュタイナー学校だったら、
9年生(中学3年生)ぐらいで、
パソコンの仕組みを学ぶ。
学ぶだけじゃなくて電子部品を自分でえっちらおっちら、
簡単なコンピューターを作ってみる。

学校によっては、
10年生(高校1年生)ぐらいで教室の中に擬似的なインターネットを手作りする。
インターネットの歴史や仕組みだけじゃなくて、
良いところと悪いところ両方を学ぶ。

便利だからとか、
もうあるからとか、
みんなが使ってるからとか。
そんな理由で持つのではない。

スマホに使われないこと。
ネットに遊ばれないこと。
「自分」がなかったら、振り回されちゃう。

子供が小さければ小さいほど、
スクリーンの中じゃなくって、
生活や自然の中で育てる。

人が生まれてきたこの場所だからこそ、
「わたし」は「わたし」になれる。
「大好きだよ」って語るその声が、
子供を人間に育てる。