子どもの味覚を育てる、味つけの習慣

子どもが野菜を味わっている様子。シンプルな食事の写真。笑顔で楽しむ食卓。

子どもの味覚を育てる上で、大切なことがあります。
毎日のごはんは、シンプルな味つけがポイントです!

だって、食材の味をしっかり感じられるから。
例えば、野菜の味って部位によって全然違うんです。根っこに近いところと葉っぱに近いところでは、味が変わる。

でも濃い味つけだと、その違いが分かりにくいんです。
だからこそ、シンプルな自然な味つけが大事!

濃い味ばかりだと「今日はちょっと薄いなぁ」って、ただ濃くしようとなりがちですよね。
でも繊細な味つけだと、子どもは自分で味の違いを感じ取ろうとします。
つまりは、味を感じ取る意欲を引き出してくれるんです。

子どもの味覚を育てるために、毎日の食事はシンプルな味つけにしましょう。

子どもの味わおうとする意欲を引き出すことができるし、食卓も楽しくなりますよ😊