シュタイナー教育で紐解く、思春期の過激さ

思春期って、変わったことに夢中になったりしますよね。例えば、激辛の食べ物、大音量の音楽、それに大騒ぎ😅

シュタイナー教育の観点から見ると、思春期は自分と他人の違いをクリアに理解する時期。自分と他人は違うんだって、はっきり気づくんです。

だからこそ、友達と同じ感覚や価値観を共有したくなる。まるで音楽ライブでの一体感のように、感覚的に強いものを求めるんです。

それはまるで、幼児期の親子の一体感のよう。あの特別な一体感を思い出すように、他者と感覚を共有したい。

子どもが思春期に入ったら、スポーツや文化活動など、他の人と一緒に楽しめることを見つけてあげてください。

そして、思春期に入る前に親子で楽しい時間をたくさん過ごして、一体感を感じさせてあげましょう。

いつか必ずやってくる思春期だからこそ、親の温かいサポートが子供の力になります😊