シュタイナー教育流、子育ての3つの指針

シュタイナー教育流、子育ての指針をご紹介します。

子どもは小さな箱を持ってこの世界にやってきます。その箱には、3つの素晴らしい確信が詰まっています。

世界は良いところだ。
世界は美しい。
世界には真理がある。

子どもは、これらのことを信じて生まれてくるのです。

0歳から7歳: 世界は良いところ
赤ちゃんは、親の愛情や温もりによって、この世界は良いところだと感じます。

7歳から14歳: 世界は美しい
学童期は、五感を通して世界を感受する時期です。例えば、季節の変化や自然の美しさを共有することが大切です。

14歳から21歳: 世界の真理
思春期は、抽象的な思考力が育つ時期。子どもたちと深い対話を通じて、真理を理解していくサポートが必要です。

赤ちゃんから21歳の青年期まで、この3つの指針を大切に、子どもが世界を信頼して育っていけるようにしましょう。

親は、子どもと世界をつなぐ窓のようなもの。
この世界の素晴らしさを、子どもと共有してみてくださいね。