暮らしの中から、空を見上げる

シュタイナー教育、高学年レッスン。
天文学です。

太陽や月の動き。
星の巡り。
惑星の並び。

どれも私に関係あるのに、
なんとなく遠い場所の遠いできごと。

どうやったら、
自分事に感じられるだろう?

例えば、太陽の一日の動き。
赤道と北極と日本とでは、
太陽の動き方がまるで違う。

シュタイナー教育だったら、
こんなふうに学びます。

赤道の太陽は、
まるで日にちだけが書かれたカレンダー。
いくらめくっても、
今が夏だってことしかわからない。

北極の太陽は、
日にちのないカレンダーのよう。
今が夏か冬かはわかるけれど、
(夏は白夜、冬は反対に極夜)
空を見上げても時刻すらはっきりしない。

温帯(日本)の太陽は、
季節を育てるゆりかごのよう。
長く伸びた私たちの影が、
収穫の時期を教えてくれる。

こんなふうに、
暮らしの中から天体を見上げます。
ちょっとした工夫だけど、
自分事になる。
自分と関係があるものとして天体を感じられる。

すごく遠い場所にあるものだからこそ、
自分の中に感じ取れるように。

難しい知識よりも、
感動こそが届きますように。