直線だけで描くフォルメン

シュタイナー教育、低学年レッスン。
直線だけで描くクモの巣。

お絵描き? と思いきや、
これもれっきとした教科です。
フォルメンとかフォルメン線描と呼ばれます。

シュタイナー教育独自の教科ですが、
国語や算数と同じ主要教科。
小学4年生ぐらいまで、
カリキュラムに組み込まれています。

このフォルメン。
楽しいだけじゃなくって、
文字や数字の練習にもなる。

でも、練習だけじゃない。
世界に対する目が開きます。
まっすぐの線や曲がった線。
ふだんから目にしてるはずなのに、
いつもは気にしてない。

だからこそ。
こんなふうに一つひとつ、
自分の手と心で描いていく。
まるで、クモになったみたいに。

レッスンが終わり、
子どもたちとバイバイ。
ところが、一人の子がすぐに戻ってきました。

「先生!」
「どうしたの?」

その子は手をバタバタさせて言います。

「あった! そこの生垣にクモの巣。
あのね、虹色に光ってた」

心いっぱいワクワクして、
じんわり感じるから。
子どもの目は、
ますます美しく澄んでいきます。