2年生と北風と太陽

『北風と太陽』
誰でも知ってるイソップ話。

ちょっとした教訓話ですが、
シュタイナー教育だと切り口が違います。

『北風と太陽』を、
子どもの内面の成長を支えるために語る。

2年生ぐらいになると、
子どもの内面に両極が生まれると言われています。
「この子は天使みたいにいい子だなあ」と思えば、
「えっ」とのけぞるくらいずるいことをしたり。

一人の子どもの中に、
善悪みたいな両極が生まれる。
それまでふわっとしていた子どもとは趣が違う。

だけど、善だから良いとか悪だから悪いとか。
そんな単純なことでもない。
両方あって一人の人間。
成長の過程で、その両極が出たり引っ込んだりする。
子どもから大人になるために。
本当に「わたし」になるために。

実際、3年生ぐらいになると子どもは大きく変わります。
自我がくっきりと出てくる。
2年生での両極がひとつに融合されたように、
子どもは自我を手に動き始める。

『北風と太陽』
そのまま読めば教訓話。
子どもの内面の成長という視点で語ると、
子どもの中の見えないものが見えてくる。
その子がなりたい『次』が見えてくる。