古代ローマと高学年の子どもたち

高学年のシュタイナー教育、
古代ローマ時代。

歴史の学習といっても、
暗記じゃない。
穴埋め? 年号?
いいえ、もっと心に響くもの。

その時代の空気感や価値観。
当時の人々の考え方。
「今の自分となんだか似てる」
「ここはちょっと違うかな〜」
と、子どもたち。
つまりは心で感じる歴史学習。

まるで、見てきたかのよう。
古代ローマの物語を聴いて、腕まくり。
ローマの王を絵に描く。

写真の絵は、
ローマ建国前のヌミトルという王様。
一度は王位を奪われ、羊飼いに。
そこへ、 大人になった孫たちがやってきて…。

戦いの神様マルスや、
狼に育てられた兄弟など、
本当のような本当じゃないような不思議な物語。

みんなでゲラゲラ笑ったり、
ドキドキしたり、
ほっこりしたり。
歴史の授業なのにちっとも堅苦しくない。

レッスンが終わって帰るときには、
子どもたちみんなじゃれあって、ニコニコしてる。
わあっと背中におぶさったり、おぶられたり。

「この子たち、高学年なんだけどなぁ(笑)」

思春期もちらつく高学年、
なぜか小さな子どもの顔に戻ってる。

不思議だけどあたり前。
心が満ちれば、
子どもは自然と優しくなれる。