頭ではなく、心に残る文字

シュタイナー教育、ひらがなの学習。
『お』の文字。

じっと目を凝らすと、
絵の中に『お』の文字が見えてくる。
でもだからって、
文字を覚えるのがいちばんじゃない。

『お』が持つ質を味わうこと。
それを大事にする。

だって、
『あ』と『お』で受ける感覚が違う。
『え』と『お』でもやっぱり違う。
『お』ってどんな感覚?

この絵だったら、
王子の冒険から始まる。

はじめてお城の外に出かけた王子、
野原で羽を痛めた小鳥に出会う。

どうやら、困っているらしい。
今夜嵐がやってくる。
小鳥は羽を痛めているので、
飛んで逃げることができない。

じゃあ、と王子は自分の腕で覆う。
「きみを守るよ」
そう言って、夜の間ずっと小鳥を覆ってあげる。

母音に込められた感情。
まるで、文字と友達になるみたい。
そっと心で感じとる。

知識にはならない感覚。
言葉では言えない体験。
だからこそ、
心に残り人を育てる。