子どもが自然とよく噛む子に育つ、魔法の習慣

子どもが美味しそうに食事をしている様子

「よく噛んでね」より効果的なのは、親が「もぐもぐ」美味しそうに食べる姿を見せることです。

ポイントは、
「もぐもぐ」と口を大きく使って食べる
一口30回以上を目安にゆっくり味わう
「美味しいね~」と笑顔で食べる

言葉で伝えるより、真似させる方がずっと効果的なんです。

大きくなると親の真似をしなくなるので、小さい頃から習慣化するのがおすすめ✨

そして、「よく噛んで食べるといいんだよ」と声かけも諦めずにしてあげましょう。
なかなかできるようにならないなぁと思っても、子どもは必ず親の姿や言葉を思い出すものです。

親の愛情と根気強さで、子どもは必ず成長していきます✨
子どもと一緒に、よく噛む習慣を育てましょう。