子どもが自然と「おいしい!」を言える魔法の食卓

子どもの味覚を育む食卓。旬の食材を色々な方法で味わうことで、子どもは食材本来の味の違いに気づき始めます。

毎日献立を考えるのは大変ですよね。
しかも、子どもの好き嫌いもあって、マンネリ化しがち…。

でも、実はマンネリこそが子どもの味覚を育てるチャンスなんです!

大切なのは「同じ食材でも味が違う」こと。
例えば、同じにんじんでも、時期や産地や調理によって味が微妙に違うんです。
一つひとつの味の変化を感じてみると、食卓がもっと楽しくなります。

逆に、毎日飽きないようにとっかえひっかえメニューを変えると、子どもは目新しさを期待してしまいます。
結果として、「また同じか〜」と、がっかりしたりすることも。

旬の食材を色々な方法で味わうことで、子どもは目新しさよりも、食材本来の味の違いに気づき始めます。

「今日の大根はどんな味かな?」

そんな好奇心こそが、子どもの味覚を育む一番の栄養です😋