気持ちの中に、人間の種がある

子どもを伸ばす褒め方、
難しくない。

コツは、
気持ちを褒めてあげること。

例えば、
友だちにおもちゃを貸してあげられたら…

「おもちゃ貸してあげれたんだね、
やさしいね」

こんなふうに、
気持ちを褒めてあげる。

そしたら子どもって、
「もっとやさしくなりたいよ」って。
行動に幅が出てくる。

『これをしたから褒められる』
よりも、
『やさしくありたい』
のほうが、
子どもの根っこが広がります。

褒めること、
褒められること。
そこにはもっと、
人間らしさがあっていい。

気持ちを褒めることで、
子は人間へと育っていきます。