私、怒らないでいいんだ

子どもに怒ってばかりいる…
でも、本当は怒りたくないんだ。

どうしたらいいだろう?

「ダメ」を「いいよ」に変えてみます。

例えば、お片づけ。
「まだ遊びたい〜!」
「ダメ、片付けるよ」

↓ これを…

「まだ遊びたい〜!」
「いいよ、また後で遊ぼうね」

こんなふうに、
まず「いいよ」って言う。
その後のことは、
言ってから考えたらいい。

やってみるとよくわかる。
「ダメ」も「いいよ」も、
ゴールは同じなんだ。

やることはやるし、
守ることは守ってもらう。

でも、言葉。
ほんの少し変えるだけで、
「あ、今日ぜんぜん怒ってないなぁ」って。

まるで、子育ての絆創膏。
つまずいて転んだら、
さっと出してくる。

まず最初に、
「いいよ」って。

怒らないでいいんだ。
ぜんぶ、肯定してあげれるんだ。

この子の前で話す言葉ぜんぶ、
光になっていく。