心で見る『土』の漢字

文字ってどう学ぶだろう。
教えてもらう。
書いてあるのを覚える。

子どもの頃を思い出しても、
そこに魔法はなくって、
たぶん感動もなかった。

思い出されるのは…
ドリルのなぞり線と、
どこまでもつづくマス目。

だけど文字にだって、
魔法や感動。
さっとふりかけて素敵にしたい。

例えば、『土』の漢字。

こんなふうに絵にしてみると、
『土』が心で見えてくる。

土って、
花や庭や陶器。
何かと一つになって、
人に愛されたりする。

まるで暗い宇宙が、
輝く星と一つになって、
私たちを仰ぎ見させるように。

しだいに寒くなっていく、
この時期。
見えない土の中へと目を向ける。

そこでは、
秋が静かに降り積もり、
まだ見ぬ春が眠っている。

ドリルだけじゃないんだ。
こんな学び方。

画用紙とクレヨンと想像力。
たったそれだけで、
今ここから始められます。