触れることで広がる、安心の世界

子供が毛布に包まれ、親が手で触れ合う様子。安心と温かさが広がる瞬間。

子どもの安心を作るコツって、いくつかありますよね。
例えば、毛布で包み込んだり、帽子を被せたり、足を布で覆ってあげたり。

でも、物で包むだけじゃなくて、触れることも大切なんです。

子どもは「抱っこして」とか「手をつないで」と言ってくるもの。
子どもが成長するにつれて減ってくるけれど、たまには「こっちおいで」と抱っこしたり手をつないだりすると、大人もはあっーと力が抜けて安らぎます。

触れることで、体の力がふうっと抜ける感覚。
それは、安心の基盤になります。

試しに今夜眠る前、自分の頭をそっと撫でてあげてください。
ふうっと力が抜けて、緊張が解けるのを感じるはず。

触れることが安心になる。
こんなことも、子育てを通して子どもから教えてもらえることなのかもしれません。
子どもと親である私、みんなが安心できる環境を作ってみてくださいね。