ご飯時にできる、しつけの魔法

箸の持ち方、ご飯の食べ方。
言い出したらキリがないけれど、
やっぱり言わなきゃいけない?

ご飯の時ぐらい、
叱らずに過ごしたい…

言い方を工夫すると、
親子でほっとできます。

例えば、
「口閉じて。」
「よく噛んで。」
「お箸!」

これを…

「口、閉じれるようになってきたね」
「よく噛めてるね」
「お箸、きれいに持とうとしてるね」

こんなふうに、
少しでもできているところを褒める。

すると、
子どもはサッとなおしたりする。

褒められたいから。
本当はがんばりたいから。

私たち親だって同じ。
応援してほしいのは、
ちゃんとしたいまっすぐな気持ち。