不安は心の準備体操

夏休みが終わって、
ふと思う。

夏のあいだ飛び回った、
私の小鳥。
無事に枝にとまれるだろうか?

学校だけじゃない、
生活のリズム。
お友達との関係。

いつもの時間いつもの朝。
不安になったりしないだろうか。
「学校、行きたくない」って。

そんなときには、
こんなふうに言ってあげる。

「えらいね、 心の準備をしてるんだね」

子どもが不安になって弱音を吐くとき、
「大丈夫!」とか、
「平気だよ」って言ってあげたい。

でもそれだと、
自分の気持ちを否定されたって。
子どもはそう思ってしまうことがある。

がっくりしちゃうと、
むしろ不安のほうに心が向かってしまったり。
「いや!」が止まらなくなったり。

だからこそ、
受け入れながら、
ポジティブなほうに向かわせてあげる。

不安は、
心の準備体操だったりします。
ちゃんと大丈夫なように、
心が準備してる。

不安は悪いことじゃない、
必要なこともある。
それがじんわりわかると、
言葉も変わってくるかも。

「 あれこれ考えちゃうのは、
心が準備してるからだね。
えらいね、
大丈夫だってちゃんとわかってるんだね」

まるでお守りのような、
小さな励まし。

けれど夏を終えた子どもには、
その小さな言葉が必要な時もあります。