お話という体験

「キツネ、かわいそう」
「オレもこういうことあるなぁ」

子どもたちの表情がハッと変わるのは、
シュタイナー2年生レッスン。
イソップ寓話です。

『キツネとブドウ』というこのお話。
ある時キツネはブドウを見つけます。
でも、手が届かない。
背伸びしてもダメ。
飛び跳ねても同じ。

そこでキツネはこう言って帰ってしまいます。
「どうせ、おいしくないに決まってるよ」

道徳話といえばそうかも。
でも、先生は何かを教え込んだりはしない。
ただ、子どもが夢中になるようにお話を語る。

それでも子どもたちはあれこれ考え、
その小さな手のひらを握ったり開いたり。
それって、心が動いたから。

お説教はいくら声を張り上げても届かなかったりする。
頭だけで教えようとしても、
言葉は子どもの心からこぼれ落ちていく。

まずは水路を引くみたいに、
子どもの心がこちらに向くように。
とびっきりのお話を語る。

自分の体験談でいい。
「お母さんもこんなことがあってね」
と、対話するように話していく。

大人になって振り返ったとき、
心に残ってるのはお説教じゃない。
人を変えるのは一発のげんこつではなく、
心震える話だったりします。

教え込もうとする前に、
お話という体験をあげること。
子どもは自分に必要なことを学んでいける。