世界が子どもを祝福する時

子どもに何かを語るとき、
イメージを上手に使う。

子どもって大人が思ってるよりも、
心で生きている。
想像の方舟で航海してるみたい。
気持ちが変われば、方向もくるっと回る。

だからこそ、
ぬくもりあふれるイメージで語ってあげる。

川に落ちたら泳げないとか、
困るから練習しようとか。
そんな親の愛情も、
負のイメージをくっつけてしまうことにもなる。

例えば、
流れ星は、空が星の種をまいているんだよとか。
木は大地が「この指とまれ」って友達呼んでるねとか。
両手両足ピンって伸ばしたら、体が星の形みたいとか。

まるで、子どもが世界ぜんぶに祝福されているような。
そんなイメージで包み込む。

特に子どもが7歳ぐらいまでは、
ファンタジーで包んであげる。
そこで養った想像力が、
大人になった時の思考力になっていく。

見たことがないもの。
誰も知らないもの。
まだこの世にないもの。
それを考え出せるのは、想像力のなせる技。

世界は良いところ。
世界は美しいところ。
世界は安心できる場所。

明るくて力強いイメージ。
心の中に宿れば、
子どもは世界に向かって船を漕ぎ出せる。