他人と比べないから、「わたし」が花開く

テスト、試験、進級。
気にすることないって思うけど、
お腹のあたりがキュっとなる。

結果は結果。
だけど、なんて言ったらいい?
どんなふうに向き合ったらいいだろう。

一喜一憂しない。
プロセスに目をやる。
わかってる。
でも、気にしないのって難しい。

だって、親の中にもテストがある。
子どもだけじゃないんだ。
まるで、「わたし」の子育てを試されているよう。

他人と比べることに、
私たち慣れすぎているのかも。

比べるのは他人とじゃない。
昨日の私より成長できたか。
今日、どのくらい前に進めたか。

それって、私にしかわからない進歩。
勲章もなければ、昇給もない。
見えないゴールテープだけが張られてる。

他人と比べるのじゃなく、
自分の成長を楽しむ。
外からの目だけで、私を評価しない。

シュタイナー教育では、こんなふうにとらえる。
戦いは他者との間にはない、
世界と私の間にあるのは調和だけ。
戦いとは、私の中の自己教育。

「昨日よりできるようになった?」
子どもが「うん」ってうなずいたら、
それが最高なんだよって。

そんな言葉。
そんな行動。
一つひとつの積み重ねが、
子どもと「わたし」を大きく育てます。