この道をいこうよ

もうちょっと頑張って欲しい。
まだできるはず。
そんなふうに思っても、
なんとなく声がかけられない。

だって、親は知ってるから。
もう何度も声をかけてるから。
がんばれ、負けるな、できるって。

でもダメなんだよって、
親はその気持ちも知ってる。
そうだよな、そんな簡単じゃないよな。
胸の奥がシュンとして、言葉を飲み込む。

子どもの背中を押す時、
スモールステップで考える。

あまりにも高すぎるハードルだと、
ものすごく頑張らないといけない。
達成できたとしても、
子どもは「大変だったぁ」って。
そのあとが続かない。

だからこそ、
ちょっと頑張ったらできるのをさせる。
「ほら、やってごらん」て背中を押せる。
親はわかってるから。
これはちょっと頑張ったらできるぞって。

その時、親は子どものことを信じられている。
これが期待だと、子どもはつらくなる。
期待に応えられなかったらどうしようって。

この子はできる。
親が信じられていると、
それは子どもの力になる。
信じてもらえるのってうれしい。
それは、存在そのものへの愛情だから。

大きな目標をいきなり達成するんじゃなくって、
ちょっと頑張ったらできること。
親も子どもも、いきなりは良くなれない。
1日では到達できない。

でも、ゆっくりだったらたどり着ける。
一歩一歩進むから本当に強くなれる。
ささやかな積み重ね。
それが子どもを育て、親をつくる。