2020年2月3日光の糸をつむぐ会

こんにちは。
木村賢司です。
イベントのお知らせです。

私がクラスを持たせてもらっている京都・静原のカフェミレットさんで、蜜蝋ろうそく作りと古楽器演奏のイベントがあります。

美しい空間ととびきりのランチもお楽しみに、よければ足を伸ばしてみてくださいね。
綿花の種もおすそ分けしてもらえるそうです。

光の糸をつむぐ会

大地に撒いた光の種が芽を出して、恵みを受けて花が咲いた。綿ができた。
くるくる綿をつむいで糸にします。その糸を芯にして蜜蝋で蝋燭を。

今年は糸つむぎの先生と一緒に、昨年よりも広くなったモナルダの畑で収穫した綿を使い、手作りのスピンドルでつむぎます。
光の蝋燭を作ったら、午後からはバイオリンと古楽器の奏でる光の音にくつろぐ時間。

今日の1日がそれぞれの想いの光になり、自然の素晴らしさ、手仕事の楽しさが広がっていけば嬉しいなぁと思います。

作った蝋燭は特別な日や心静かな時間に燈す光に。
綿の種もお分けできるので、来年はそれぞれが育てた綿から糸をつむいでいって貰えたら…。

いろんなものが繋がって、広がって、つむがれて、あたたかい光を放ちますように。
この日の蝋燭は夏至の光へと続きます。

●日時 2020年 2月3日(月)10時30分~15時30分頃

●10時30分~ 光の糸をつむぐ
 12時過ぎ~ ミレットランチ
 14時00分~ バイオリンと古楽器の演奏会

●定員 糸つむぎの会 15名

●料金 4,500円
(レクチャー代、ミレットランチ、ライブ代、お持ち帰りいただくスピンドル含む)
force

●持ち物
作業をしますので、汚れても差し支えない服、もしくは、エプロンなどがあると
良いかもしれません。

●お申込みは、こちらの申し込みフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/CM6CAmw4ucLPpFFn7

●アクセス方法

▼公共交通機関でお越しの方

《行き》
叡山電鉄 鞍馬行
出町柳駅 9時22分発
市原駅  9時45分着
乗り換え
京都バス 55番(貴船口−大原) 大原行
市原 10時9分発
城山 10時19分着
徒歩2分

《帰り》
15時55分城山発、北大路バスターミナル行きのバスがあります。
(所要時間45分)

▼お車でお越しの方

臨時駐車場を用意しますのでご利用ください(ミレット まで徒歩2分ほどの場所になります)
京都市内から鞍馬・貴船方面に向かい、市原の交差点で右折、京都府道40号線を大原方面に向かい、右手に静原小学校が見えたら200m先左側道に入ってすぐ。

§ プロフィール §

《糸つむぎ》

◆大苗愛
15歳から糸つむぎをはじめる 
農を営むパートナーと共に
静原近く
おくどさんのある古民家に暮らす
畑で綿を育て、つむぎ、機を織る
28歳

《演奏》

◆高垣さおり 
バイオリン奏者
スウェーデンの民俗音楽に魅せられ20年。関西を中心に活動してきた。
ブズーキ赤澤淳とのユニットSVAMPをはじめ、他の奏者との共演もあり。
魂の音、癒しの音を奏でたい。
CD「森skogen」試聴はYouTube で。
Saori Takagaki で検索。

◆Sally Lunn(プサルテリウム、笛、歌)
プリミティブな音色、西洋と東洋・原始と文明の狭間にある音楽と感覚、そこから立ち上がる風景に惹かれ、中世の古楽、各地の民族音楽を中心に音楽活動を行っている。

《糸つむぎのコマ(陶)製作》

◆Wakako  Aketa
陶器や自然物を使った作品、畑で育てたハーブの石けんや身の回りのものをつくったり、絵を描きます。時々気功師。陶芸家・吉井史郎、ハーバリスト・浅野目誠和に師事。

美しい自然からの頂き物に、手と間を加え想像を創造しています。

◆たにざわかなえ
家が好き
季節の手仕事が好き
火を見つめる時間が好き
好きなものにキリがなく
暮らしを礎に
火と土と歌と踊り…と
気の向くまま
その時々の表現を楽しんでいます

《会場+ランチ》

◆café Millet  http://blog.cafemillet.jp/