見分けがつかない日々の中で、今日という日を愛する

昨日と今日は似ている、
けれど同じではない。

日々はどれも似通っていて、
なのに今日という一日は今この時だけ。

大切な感覚だけど、
言葉で言っても伝わらない。
伝えようとすればするほど、
大事なものが手からこぼれ落ちていく。

言葉で言えないのなら、
「カタチ」で包んであげましょう。

日めくりカレンダーだったら、
ペラリペラリとめくるたびに、
一日という区切りを体で感じられる。

月ごとのカレンダーでは眺めているだけの子供の目も、
自然とめくりあげていく自分の指を追いかけ始める。
しだいに、一日の区切りの感覚が育っていく。

一日一枚。
めくったら、裏に絵を描いてみる。
その日あったこと、
思ったこと、
見たこと聞いたこと感じたこと。

あの小さな空白の中に描くことで、
一日はもっともっと愛しいものになる。
両手でめくり上げて頬ずりしたくなるような、
そんな一日になれる。

大人が思っている以上に、
絵を描いたり。
文字を書いたり。
それって、子供にとっての芸術です。

一日一枚。
何を描いてもいい紙が手に入る。
それだけで、
子供の一日に小さな花が咲く。

見分けのつかない日々の中で、
今日という日を祝福する。
指で触れることで、
今ここにある一日を愛する。

ただの日めくりカレンダー。
親の愛を注げば、
子供が育つ教育になる。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。