見たことのない美しさは、いつも「わたし」の中に

すうっと息を吸って、
はあっと吐く。
下を向いているのは悲しみじゃない。
高学年クラスがいつもとちょっと違う。

幾何学(きかがく)の学習。
コンパスで、
くるっと。
それだけで、子供たちの雰囲気が変わる。

別に奇跡を起こしているわけじゃない。
紙とコンパス、それから子供たちの心が選んだ色彩。

そこにあるのは、法則性。
この順番でこうしたらこうなるという、
決まりきったルール。

誰かが創造したわけでもない。
いつからあったのかもわからない。
けれども、
その真理は美しいドレスをまとって目の前に現れる。
何度でも。

手順さえ守れば、
誰がやっても同じになる。
みんな一緒。
なのに違うんだ。
同じものは一つもない。

法則は同じでも、
それを見ている人が違うから。
人間は不思議なくらいみんな違う。

この世界にある真理。
変わることがない絶対のもの。
人の気持ちが及ばないもの。

けれどそれを見ている人が違うから、
こんなにも心の中に花が開く。

自分のこの手が、
美しいものを生み出す。
見たこともないような美しさ、
でも確かに目の前にある。

あるシュタイナー学校の先生がこんな話をしてくれました。
授業で幾何学の花をした時、
どうしても時間が足りなくて。
でも仕方ないからと、
授業の終わりの挨拶をした。

なのに挨拶をした直後、
子供たちは一斉に席に座り、
自分の花に色を塗り続けた。

誰も教室の外に出ない。
休み時間なのに、黙々と作業。

幾何学の花って、
私の手に込められた美しさが紙に滲み出たみたい。

子供は知っています。
「わたし」の手も「わたし」も美しい。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。