空気のように、この手で愛した

愛情って形がないのに、
どうやら子供にはわかるらしい。
何がわかるって、その形や手ざわり。

まるで生まれる前から今日まで、
子供は愛情を道しるべに生きてきたかのよう。
愛という小さな光に顔を向けて、
いつもちょっとずつ大きな靴に履き替えてきた。

親の愛情は深く限りなく。
天を横切る天の川のように、
どんな人も仰ぎ見るしかない。

だけど、時々不安にもなる。
ちゃんと愛せてるかな。
忙しくて、できてなくって、
「ねえ、さびしくない?」

そんな時、
こんなふうにしてみる。

子供の横を通り過ぎる時、
ちょうどその時、
柔らかく頭を撫でる。
肩にそっと触れる。
にっこり微笑みながら。

ただ通り過ぎるだけ。
そこにほんのちょっとを付け加える。

子供は「あれ?」って。
何もしてないのに愛された。
褒めてもらえることをしてるわけでもないのに…
「これって?」

それは無条件の愛情になります。
何かしていなくても、
自分はこんなにも愛されているんだって。

このやり方なら、
忙しくてもできる。
バタバタしていても、
子供の横を通り過ぎる時だけでいい。

慣れてきたら、
ポジティブな言葉も付け加えてみる。
「いいね」って。「そうだね」って。

一日に何度子供の横を通り過ぎるのか、
数える必要は無いけれど。
家の中は愛する場所になる。
通り過ぎることが、愛情を表す機会になれる。

子供への愛情。
できていないと言う前に、
自分を責めるよりも前に、
きっとできることがある。

ほんのちょっとの工夫なんです。
大事なことはいつもそう。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。