学びは星になり、この道を照らせ

子供から見た時、
親の頼もしさって何?

わかってくれる。
守ってくれる。
ご飯を作ってくれる。

どれも大事。
でも、長い目で見たときは?
その時、頼もしさはちょっと変わるかもしれない。

長い目で見たとき、
子供にとって頼もしい親とは、
学び続けている親なのかも。

実は、親ってすごい状況で子育てしてる。
子育ては子供が生まれると、
ヨーイドンで始まる。
いきなり全力疾走。
しかも、長距離走です(笑)

大変だってわかってはいたけれど、
ここまでとは思わなかった(泣)
まるで、足のつかないプールに投げこまれたみたい。
浮き上がるしかない。
泳ぎ方は誰も教えてくれないけれど…。

知るのって大事です。
だって、知らないと自分が親にされたように我が子にする。
自分が受けた子育てを、
良くも悪くも、
いざとなるとやっちゃってる…。
子育てってそうなんです。

子育て中の親だけではなく、
学校の先生だってそう。
どれだけ大学で学んでも、
子供の前に立ったら迷う。

子供は理屈通りには反応しないし、
教科書の通りには動いてくれない。
目の前で起きていることに対して、
目の前で対応していかなければいけない。
そういう意味では、親も先生も同じ。

笑い話ですが、ある教育書にこう書いてありました。
先生になって初めて教壇に立った時、
「なんでそんなところに立ってるの?」と子供に言われたらどうしますか?
学生の頃に読みましたが、
どうしたらいいのか本当にわかりませんでした。
実際には言われずにすんだので、心底ほっとしましたが(笑)

まず、知ること。
こういう教育がある。
こんな考え方がある。
知れば、自分の中に星が輝く。
学んだことは星になる。

星は遠い夜空から、
足元の暗さを照らしてくれる。
歩くのは自分だけど、
勇気を持って進んでいくことができる。
星がくれる薄明かりの中を。

シュタイナー教育を学んでも、
シュタイナーは代わりに子育てはしてくれません。
どこまでいっても、
子育ては自分でするしかない。

でも星の光の中、勇気を持って歩くことができる。
シュタイナー教育という星は、
100年にわたって輝き人を導いた光。

子供から見た頼もしい親は?
それって、子育ての薄暗さを知っている親かも。
そして、星の光の明るさを知っている親なのかもしれません。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。