京都シュタイナー教室の最新情報がメールで受け取れます

京都シュタイナー教室の最新情報がメールで受け取れるようになりました。
シュタイナー教育についてや授業内容のほか、イベントなど教室からのお知らせも送らせていただきます。

よかったらご登録くださいね。
京都シュタイナー教室を応援してくださってありがとうございます。



 

子どもを健康にする教育

こんにちは。
木村賢司です。
今日はシュタイナー教育の秘密をひとつ紹介させてください。

「え、もう終わり?」

1年生の男の子はそう言って、ぽかんと口を開けていました。
授業が終わった時の出来事です。
あっというまに授業が終わってしまったので、拍子抜けしてしまったようでした。

もちろん、授業時間は短くはありません。
たっぷりと90分間です。
学校での普段の授業が45分なので、ちょうど倍です。
休み時間もなくぶっ通しで普段の倍量の授業を受けているのに、どうしてあっというまだったのでしょうか。

ここにシュタイナー教育の特徴の一つがあります。
子どもが疲れずに最後まで生き生きと授業が受けられるように工夫がしてあるのです。
その工夫が、授業を構成する3つの時間です。

1 リズムの時間
2 書く時間
3 お話の時間

シュタイナー教育ではこの3つの時間で授業が作られることが多いです。

リズムの時間は文字通りリズムカルに体を動かす時間。輪になって歌に合わせて動いたり、みんなと色々な遊びをしたり、体を使うことでしか養えないことをします。
学年によって時間は違いますが、だいたい30分くらいでしょうか。

書く時間は、文字や絵をノートなどに書くための時間。
「授業」といわれてパッと思い浮かぶイメージにいちばん近いかもしれません。
時間にしてだいたい30分から50分くらいです。授業のメインの部分になります。

お話の時間は、昔話や童話などを聞く時間です。
授業の最後にろうそくの火を囲んでの、子どもたちが楽しみにしている時間でもあります。だいたい10分から15分くらいです。

こうして授業を3つの時間に分けるとなぜ良いのか。
それは、まるで呼吸するかのように楽に授業を受けられるからです。

例えばリズムの時間。
子どもたちは色々なところから教室にやってきます。ざわっとしていることもしばしば。
そこで、まず息を吐き出します。
体を使って動くことで、自分の中にあるものを外に出します。

吐いたら吸いましょう。書く時間です。
先生が語る物語を聞いて心の中に絵を想像します。つまりは自分の中に新しいものを取り込んでいきます。
そして、今度は聞いたお話から絵や言葉をノートに書いていきます。
ここでは息を吐き出すように、自分の中に取り込んだものを外に出しています。

最後にお話の時間。再び吸います。
物語をたっぷり心の中に取り込んで、おうちに持って帰ってもらいます。
そのお話はごっこ遊びになったり、知恵のある行動になったり、あるいは大好きなお絵かきの題材になったり…。
目には見えないお土産を持って(吸い込んで)、帰ってもらうイメージでしょうか。

こうして息を吐いたり吸ったりしながら授業は進んでいきます。
だから子どもたちは楽に授業を受けることができ、最後まで生き生きと学べます。(酸欠や過呼吸になったりはしませんよ)

「え、もう終わり?」という男の子の言葉は、うまく呼吸ができていたということだと思います。
生き生きと夢中にやっていたら、いつのまにか終わっていた。
頑張った覚えも嫌々やらされてる感もなく学べるって、良いですよね。
しかも、内容は算数や国語だったりしますからね…。

シュタイナー教育の授業は「子どもを健康にする授業」と言われることがあります。
子どもの呼吸が整い、体も心も頭も偏りなく使って学ぶからです。
「授業を通して子どもを健康にする」と、教員養成でもはっきりと教わりました。「それがシュタイナー教育なんだよ」と。

この教室に来てくれる子どもたちが健康になれるよう、今日も張り切って授業をしていきますね。

最高の褒め言葉

9月から始まった教室の初回が終わりました。
京都市の北部にある静原教室の1年生クラスです。

子どもたちと手を振って別れ、家に帰ると一通のメールが届いていました。
保護者の方からの感謝のメールでした。

授業内容を報告したメールに返信される形で、差出人はある男の子のお母さん。
読み終わって、とっても嬉しくなりました。

「先生がずっと笑顔だった」

家に帰ってきた子がそう言ってくれたそうです。
これって、最高の褒め言葉だと思います。
これまで教育に携わってきた中でいちばんかもしれません。

もちろん、子どもたちが言ってくれることはどんな言葉でも嬉しいです。
どんな言葉でもその子どものことを知れたり、自分の授業を反省したり、勇気をもらったりできます。

たとえば、大阪の小学校で先生をしていた時に、こんなことを子どもに言われたことがあります。

「木村先生はやさしいけど、こわい」

そう言われたんですよと、先輩の先生に話すと「それは教師にとって最高の褒め言葉だよ」と言われたのを覚えています。
先生としての威厳を持ちながらも慕われてる。
そういった意味合いでした。

そんなものかなと思いながら、ぐんぐん時間がたち、自分で始めたシュタイナー教育の教室で「先生がずっと笑顔だった」という言葉をもらいました。

そうなんです。
それがシュタイナー教育なんだと思います。
もちろん、威厳を持ちつつ慕われるのは大事です。それはシュタイナー学校の先生でも同じです。

でも、先生も一緒になってその学びを楽しんでる。その日の授業で扱っている内容を心から面白いと思っている。
それがやっぱり大事。
先生がワクワクしているからこそ、子どもたちは生き生きとした学びを体験できます。
それは本当にそうなんです。悔しいくらいに。

「先生がずっと笑顔だった」

次回もそんな授業ができるようにしっかりと準備します。授業準備をする中で、たくさんのワクワクと出会えるので。
勉強って面白いですね。

あ、でも。
いけないことをした時は叱りますからね。(笑)

次回の授業も楽しみです。

研修会でもらい泣きしました

こんにちは。
木村賢司です。

先日、シュタイナー教育の研修会に参加してきました。
シュタイナー学校のベテラン先生による講座だったのですが、ついもらい泣きしてしまいました。

2日間の講座の最後の時間でした。

「この世界は素晴らしい」

先生はそう言って、目に涙をためていらっしゃいました。
「なんだか胸が熱くなってしまって…」とためらいながら。

その先生が言うには、高校から大学生くらいまでのあいだ「世界は嫌なところだ」と思っていたそうです。
「どうしてこんな世の中なんだろう」と。

でも、シュタイナー学校の先生になり、日々教材研究をする中でその感情が変化してきたそうです。
算数も国語も理科も社会科も、どんな物事にも美しい真理が潜んでいる。シュタイナー学校の先生になってようやくそのことに気がついた。この世界は本当に美しい。素晴らしい場所だ。

その先生は声を詰まらせてそう言っていました。
私もジーンとして、ついもらい泣きしていました。

そうなんです。
勉強というと「しなければいけないもの」「覚えるもの」「点数で結果を出すもの」
そんなふうに思ってしまうかもしれませんが、本当はすごく楽しいものなんです。胸がときめいて、もっと知りたくなるような発見に満ち溢れています。

子どもたちにはぜひそれを体験して欲しいと思います。
「勉強って楽しい!」「算数って面白い!」「この世界にはどれだけの不思議が隠されているんだろう」
そんなふうに思ってもらえたら嬉しい。
そして、そんな世界の素晴らしさを発見していける自分自身に対しても「私もまた素晴らしい存在なんだ」と感じてもらえたらこれに勝るものはありません。

子どもの欲求を満たす。

こんにちは。
木村賢司です。

「保護者のための授業体験会」が終わりました。
参加してくださったみなさん、ありがとうございます。
緊張しました(笑)

授業体験会の最後に質問の時間をとらせていただいたのですが、
そこでの質問を少し掘り下げてみたいと思います。
子どもの欲求に親がどう応えたらいいのか、
それを考える上でのヒントにしてもらえるとありがたいです。

参加者の方からいただいた質問は次のようなものでした。

「幼稚園の子どもですが、足し算などの算数をしたがります。親としてはまだ勉強は早いかなと思い、対応に困ります」

この子は、周りの子が足し算の式などをしているのを見て興味を持ったみたいです。
小さいうちは、勉強よりも体験を大事に。
まずは体を使って思いっきり遊ぶことから。

そう考える親の方だと、こういったときは迷いますよね。
「さあ、全身で遊んでおいで!」と思ってるのに、
机に向かって足し算の式。

気持ちのすれ違いというよりも、
なんだか子どもに悪いことを押しつけているような。
やりたいことを我慢させているような。
もやもやっとした気持ちになるかもしれません。

僕には3歳の娘がいるのですが、
もしこういった場面に出くわしたとしたら、「自分っていけない親なのかな」と考えてしまいます。
小心者なのです(笑)

シュタイナー教育では、7歳くらいまでは頭を使い過ぎないほうが良いと言われています。
7歳まではしっかりと体を作る時期なので、あまり頭の方にエネルギーを使い過ぎないほうがいいですよという考え方です。

そうは言っても、現実の子育ては波乱万丈です。
一筋縄にはいきません。

子どもは足し算がしたいと言う。
「+」や「=」にときめいている。
でも、親は「いいのかな〜」と思ってる。

こういうとき、どうしたらいいでしょう。
子どもの欲求を満たしながら、親も穏やかでいられる道はないでしょうか。

僕だったら、こういう方法をとります。

頭ばっかりを使わないようにするのです。
つまり、体と心をいっぱい使って計算できるようにしてあげる。

例えば、公園や森に子どもと一緒に出かけます。
小枝や指の先ほどの小石を拾い集めましょう。

それを土の上に山盛りにしたら、「1+1=2」の始まりです。
・拾った小石を「1」の形になるように並べます。
・その右隣に小枝を重ねて「+」を作ります。
・もう一度「1」を小石で作って、「=」も小枝で。
・最後に「2」を小石で作ったら、足し算成功!

もちろん、どんぐりなどを並べて「1個」と「1個」で「2個」だねとやることもできますが、数字がやりたい子にとっては自然物で作る数字のほうが満足できそうです。

おうちでされるなら、数字カードもおすすめですよ。
・カードに数字を一つずつ書いていきます。
・3枚くらいを並べて裏返します。
・「せーの!」でひっくり返して、いちばん大きい数をとった人が勝ち。

つまりはカルタの算数版ですね。
簡単なゲームですが、数の大小がきちんと体に入ってきます。
なにより、楽しいです。
思った以上にワクワクしますよ。

小石と小枝もそうですが、体と心がまず動いて、ちゃっかり頭も使ってるのがミソです。
手間はかかりますが、子どもと一緒に遊べるのはやっぱり楽しいですよね。

でも、もしこれでも子どもが満足しなかったら?
欲求が満たされず、机に向かってカキカキしたがったら?

その場合は、ひょっとすると別の欲求があるのかもしれません。
例えば、早くお兄ちゃんお姉ちゃんみたいになりたいとか。
大人みたいにいろいろできるようになりたいとか。

これらは子どもの自然な欲求です。
成長したいという気持ちの現れですので、大切にしたいですね。

掃除や料理など家事を手伝ってもらったり、
これまで頼んでなかったことをやってもらったり。
最初はうまくできないかもしれませんが、できた時には思いっきり褒めてあげる。

成長を一緒に喜んであげることで、子どもは満たされます。
そして満たされると、次の成長に向かって自ら進んでいける。

子どもが何を求めているのか。
親だからこそ、いちばん近くにいるからこそ、気づけることがあります。

できることからやってみてくださいね。

シュタイナー教育と学力

こんにちは。
木村賢司です。

大学入試センター試験が終わりましたね。
真剣な顔をして歩く受験生さんたちを見ていると、こちらの気も引き締まります。

大学入試といえば、やはり学力。
今日はシュタイナー教育の学力についてお話ししたいと思います。

実は、シュタイナー学校の卒業生は学力が高いんです。
ドイツにも大学入試センター試験のようなものがあるのですが、史上初の満点を取ったのはシュタイナー学校の卒業生でした。(シュタイナー学校はドイツが本場です)

なぜ満点が取れたのでしょう。
理由は、頭だけの勉強じゃないからです。

たとえば、中学生の時の期末試験。
僕も身に覚えがあるのですが、一夜漬けしました。
それで、テストが終わったらすぐに忘れてしまいました(笑)

そうなんです。
頭だけの知識って浅いんですよね。
ザルのように抜けていってしまう。

それと違って、体で覚えたことは残りますね。
自転車とかスケートとか、
一度体で覚えると、時間が経ってもまたすぐにできるようになります。

心も重要です。
ずっと昔のことでも、強い感情を伴うことだと覚えています。
人間って、嫌だったこととか嬉しかったこととかいつまでも覚えてますよね。

シュタイナー教育では、
この頭・体・心の3つをフルに使って学んでいきます。
だから、しっかりと深い部分に残るんです。

頭だけの知識ではないところがミソです。
いくら頭を使って覚えても、すぐに忘れてしまっては意味がありませんから。

では、どうやって頭・体・心の3つを学びに取り入れていくのでしょう。
算数や国語に、体や心を通わせる方法は?

ぜひ、保護者のための授業体験会にお越しください。
来ていただいて体と心も使っていただくと、「なるほど!」となると思います。

ご参加お待ちしております。


シュタイナー教育を選んだ理由

世の中にはいろいろな教育があって、どれもよく考えられていて、なるほどなあと感心させられます。では、その数多い中でどうして僕はシュタイナー教育を選んだのか。それは、自分の子どもに受けさせたいと思える教育だったからです。

そもそもの始まりは大学生の時でした。たまたま手に取ったシュタイナー教育の本を開き、「こんな教育もあるんだ」と目から鱗が落ちたのを覚えています。けれど、学校の先生を志していた僕はシュタイナー教育に憧れを持ちつつも公立学校の先生になりました。その時は、自分がシュタイナー教育に関わることになるなんて思ってもいませんでした。

ところが、結婚して娘が生まれ、「さて、自分の子にはどんな教育がいいかな」と考えたとき、まっさきに頭に浮かんだのはシュタイナー教育だったのです。本で読んだのは20年ほど前のことだったのに、自分の中に何かが残っていたのだと思います。

改めて学び始めると、シュタイナー教育は本当によくできているなと思います。どこが優れているかについてはまた少しずつ書かせてもらいたいのですが、僕がいちばん心惹かれたのはやっぱりこれかもしれません。

シュタイナー教育では、「変容」を大事にしている。

「変容」といきなり言われても、何のことだかわかりませんよね。僕も最初はそうでした。なぜなら、この「変容」というのは一般的な教育ではほとんど考えられていないことだからです。だから、僕を含めほとんどの人は「変容」を大事にした教育を受けたことはないですし、想像しにくいと思います。

具体的に、「変容」を説明してみようと思います。

例えば、シュタイナー学校では授業の最後にお話をします。グリム童話など、絵本を使わずに語る素話です。絵を見せられないので、子どもたちは想像力を使って自分の心の中に絵を作ります。この想像力が青年期に別の力に「変容」するといいます。将来の夢を描いたり、あるべき社会の姿を思い描く力です。つまりは、子どもの時に養った想像力が、将来的には未来を思考する力になるらしいのです。

だから、シュタイナー教育ではその時期に合った教育をします。例えば、子どもに思考力をつけようと思ったとき、一般的な教育では小さいうちから考えることをたくさんさせようとします。反復練習のように思考力を鍛えていけば、大人になった時に優れた思考力を持つ人になるだろうと。でも、シュタイナー教育の考え方は少し違っているみたいです。長期的な視点で子どもの成長を見るからこそ、「今はやたらに考えさせるよりも、童話で想像力を伸ばそう」と考えます。

シュタイナーは教育の目標をこのように語っています。

「真に思考力のある、自立した人間になること」

これ自体は、よく聞く教育目標です。ただ、その目標にきちんと到達するためにはそれぞれの時期でやるべきことがある。ここに、シュタイナー教育の深い眼差しがあるように思います。そしてこのすこやかな奥深さが、僕が自分の子どもにシュタイナー教育を受けさせたいと思う理由であり、できるだけ多くの子どもたちにこの教育を届けたいと思う理由でもあります。

子どもの内面を養うことは、その子の思考力の土台になる。シュタイナーはそう言っています。では、どんなふうに内面の力を育てるのか。一度体験してみませんか。「保護者のための授業体験会」では、2年生の掛け算を体験できます。掛け算の九九に隠された美しいもの、心揺さぶるものに出会いにぜひお越しください。