トナカイが走り去った、その後に

クリスマスが過ぎたら、
少しだけ心のバランスをとってみましょう。

だって、子供は素直。
特別な日には…
「プレゼントをもらう!」

でもそれが当然になると、
「もらえない」とイヤ。
「もらえない」自分はダメなのかなって。

そこで、「与える」ことも楽しく経験する。
難しく考えることはなくって、
散らばってるプレゼントの箱や包装で、
クリスマス特別チケットとか作ってみる。

そのチケットがあれば、
何でも願いが叶う。

最初の1枚はもちろんお母さん。
お父さんにもあげよう。
そして、兄弟姉妹がいれば…
仕方ないなあ、あげようか(笑)

楽しみながらやってみる。
楽しみながら与える。
与えたら、返ってくる。

人の笑顔が。
与える喜びが。
喜んでもらえて嬉しいって、
子供の心が微笑む。

クリスマスのプレゼント。
もらったあとで、心を育てる。

シュタイナー教育でも、
与えることを大事にしています。
丸い輪になって、
お手玉を隣の人に渡していく。
そんなアクティビティにも深い学びが。

両手を上に向け体の横に広げると、
お手玉は自分の左手にある。
そのお手玉を右手で隣の人に渡していく。

すると与えた瞬間、
自分の左手には新しいお手玉がやってくる。
輪になって渡しているから、
当たり前と言えば当たり前なのですが、
やってみるとちょっと感動。

与えるだけで良い。
まず与える。
与えれば、受け取れる。

単純なお手玉遊びとも言えますが、
言葉では教えられない学びがあります。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。