お金を再発見する

中学年の算数、お金の学習✨
子どもたちが取り組むのは…
お金とは何か?
お金とはどんな本質を持っているのか?

子どもたちは世界にお金が誕生した時のお話を聞き、そこからお金の本質を心で感じとります。

例えば、物々交換をしていた人間たちがやがてお金を使うようになる。そこに至る道は一朝一夕ではありませんでした。
物々交換していたのが、貝殻をお金のように使い始めます。
それがやがて、金(ゴールド)などの貴金属を使うようになります。
そしてゴールドを預かり、預かり証を発行する銀行のようなものが誕生します。人々はその預かり証をお金のように市場でぐるぐると回し始め……それが今のお金につながっていったと言われています。

お金ができるまでには、人類のたくさんの知恵と工夫が詰まっている✨
そういったことを、お話を通して子どもたちが心の中で体験していけるようにします。

ただ与えられたり、すでにあるものとして使うだけじゃない。
お金の起源を学び、今自分たちが使っているお金を再発見する。
そこには心の通った豊かな学びがあります。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。