いつまでも一緒にいられるわけじゃないから

新しい年が始まった。
だからってわけじゃないけど、
『日記』を始めると子育てがもっと楽しくなります。

もちろん、いっぱい書く日記は大変。
だからこそ、
5年日記で始めてみる。

3年日記や5年日記って、
書くところが少ない。
朝とか夜にちょこちょこっと書ける。
これまでの様子がぱっと見てわかる。
まるで柱の傷のように、
2年前3年前の我が子の頭を撫でるように、
成長に触れることができる。

書く時間帯で迷ったら、
朝一番がお勧めです。
夜は疲れているのもあるのですが、
朝一番にアウトプットすることは、
人間の自然なリズムにも合っていると言われています。

昨日あったことを思い出して、
朝5分ぐらい使って日記を書く。
いつも決まった習慣があれば、
すっきりと朝を始めることができます。

子供の成長はあっという間。
どんどん大きくなっていく。
気がつくと、
もう手をつないでくれなかったり。
こっちが背中におぶられたり。
思っている以上に、
子育てってはかない。

思い出せなくなる前に、
覚えているあいだに、
今日を思い出にする。
今この時はもう二度と戻らないから、
日記のページに託す。

子供の成長がわかったり、
季節ごとの注意点に気づけたり。
日記って便利なだけじゃなくて、
「わたし」と「子ども」が確かに二人でいた。
そのことを思い出させてくれる宝物になります。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。