あたりまえのくり返しの中で、人は人を幸せにする

子供との生活。
食べて、
眠って、
遊んで、
そんな当たり前の繰り返しの中で、
子供を幸せにする。

立派な子育て。
今はできていなくたって、
できそうに思えなくても。
子を想うその気持ちは、
心の中に降り積もり、
やがて春の光を浴びる。

何があっても、
何かができなくても、
あなたは最高なんだ。
素敵な存在。

子供にそう語りかけるように、
私の心にも、
柔らかな毛布をかける。

「わたし」を褒めてあげましょう。
こんなに頑張ってる。
もう無理だ。
誰かに認めてもらいたい。

他人に期待するよりも、
自分を褒めるのって豊かです。
自分で自分を褒めてあげるのは、
何があっても上機嫌でいることの魔法だから。

当たり前の繰り返しの中で、
今できることの普通の中で、
子供も私も幸せになる。

大切なのは、
幸せになる覚悟。
何かがあるから幸せだとか。
何かがないから不幸とか。
そういうことでもない。

今あるもので幸せになる。
状況は何一つ変えずに、
今ここで幸せになる。
その覚悟を持てれば、
どんな場所でもどんな状況でも幸せになれる。

そのことに気づかせてくれる、
それが子育てだったりします。
この子がいるから、
私は親でいられて、
こんなにも幸せでいられる。

子育ては素敵です。
私がいるから、あなたがいるから、
こんなにも世界は素晴らしい。

close

最新のブログ記事をお送りします。
登録解除も簡単です。